『Chair』

ショートアニメ『Chair』完成しました。
timeline_20170705_013311 timeline_20170705_014513
CHAIR
ショートアニメ『Chair』は日本アニメーション協会の上映イベントの15秒アニメーションのコーナーにて上映されます。
完成品は47秒なのですが、15秒に収めるために大幅にシーンをカットしました。
 
sc01sc02sc03sc04sc05sc06 sc07sc08    sc09

コマ撮り用 追加の制作物

 
追加の制作 横顔
S__29958152
スケッチから
 
S__29958153
スタイロフォームに石塑粘土を半立体になるよに貼り付けていく。
S__74948612
着色
 
S__74948613 S__74948614
和紙に髪の毛の色を塗り風になびくパーツとしてはりつける。
S__74948611
TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc0511499368818080569551tffffffff


コマ撮りテスト
 
———————————————————————————————————–
追加の制作  白い鳥
20170707_041651 20170707_041704
針金で作った可動躯体に和紙を貼り付けていく。
 
20170707_041711 20170707_041714 20170707_041721
羽の表情を付けていく。
 
20170707_041732 20170707_041735
着色

コマ撮りした素材ムービー

コマ撮り用人形に着色

S__74334210
 
 
S__74088451
はじめはグレーをベースにトーンを描き分けていきます。
S__74088452
コマ撮り用の人形だけでなく椅子にも着色していきます。
S__74121218
下地塗りはこんな感じです。
 
timeline_20170703_233816
サイズの違う手も急遽制作することにした。
timeline_20170703_233819
針金と化粧用パフとたこ糸で形成していく。
timeline_20170703_233822
皮膚として和紙を貼り付けていく。
timeline_20170703_233824
timeline_20170703_233835
肌色の着色
timeline_20170703_233840
timeline_20170703_233843
数段階にわたってキャラクターたちに色を塗り重ねていきます。
isu
椅子たちの着色も完了。
timeline_20170703_233845
timeline_20170703_233850
timeline_20170703_233848
キャラクターの着色仕上がりはこんな具合。
G_1307
コマ撮りする準備が整いました。

あらたに躯体制作 その2

kutai-sekeizu
TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc05114983148170805215310tffffffff
もう一段階の粘土作業
TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc05114983148170805215311tffffffff
DDds7fLVoAAhomW
化粧用パフを整形して首の可動部を覆う。
薄い和紙で可動する関節部を覆い、指先もカバー。
襟元も和紙で形成していきます。
DDds7fMVYAA4W35
DDeEMhjV0AUGNrH
DDd5Ry_UIAAgZA6
猫にもくしゃくしゃにした和紙で肉付けをしていきます。
S__73744386
S__73760771
和紙をこより状にして髪の毛にボリュームを足していきます。
S__73760772
S__73760773
S__73785347
チョッキも着けました。
S__73785346
ほぼコマ撮り用の躯体ができあがってきました。
 

あらたに躯体制作中

 
 
konte01
ショートアニメーション用のコンテから
 
timeline_20170624_233323
ショートアニメーション用の関節が可動する躯体を制作しています。
TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc0511498314817080521531tffffffff
太さの違う針金を材料として使用しています。
kutai02
可動しない部位に石塑粘土を付けて造形していきます。
TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc0511498314817080521535tffffffff
サイズもほぼ設計図通りに作っていきます。
TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc0511498314817080521537tffffffff
TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc0511498314817080521536tffffffff
サブキャラの猫の躯体も同時進行で制作していきます。
TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc05114983148170805215310tffffffff
主人公の頭部の造形もスタイロフォームをベースに石塑粘土で造形しました。
neko04
kutai04
粘土が乾いたら造形もつぎの段階に入ります。
 

「富嶽」Making

2年越しで学生も世代交替しながら『富嶽』を完成させることができました。
追加撮影と編集の様子です。
img_3284
絵コンテのようなもの
img_3261
黒板にも作業イメージを板写して互いの作業が響き合うよう共通のコンセンサスを図ります。
img_3265
img_3266
img_3267
img_3276
とりの羽ばたきのアニメートの覚え描き
 
img_3268
img_3269
img_3270
img_3271


鳥の羽ばたきシーンのコマ撮りの様子
img_3280
img_3672
IMG_3675
img_3283
鳥の撮影が終わりおつかれさまのポーズです!
 
img_3359
コンポジット作業中

 
最終のカットも取り終えあとは編集作業を残すのみ!
 

「いっすんぼうし」Making

2年生のクラス16名の編成で実験アニメ授業を受け持つことになり、パペットアニメ制作に挑戦することになりました。
前期約3ヶ月間、週1回3コマ授業での進行です。
どのように制作を進めるのか、指導する自分にとっても毎回のワークショップがチャレンジの連続です。
今回は16名全員で「いっすんぼうし」を共同で制作することに決定しました。
参加する学生全員が自分の担当するキャラクターをデザインし人形を制作してコマ撮りも担当する。
そういうスタイルで行くことに決めました。
 
kouzou002
統一の人形構造体を作ることにしました。
IMG_4436
IMG_4437
IMG_4439
kouzou001
実験で見本を制作。
アルミの針金を構造体にフォルモ(石塑ねんど)とスタイロフォームを使用しています。
 
issun002
issunn01
顔はスタイロフォームを削った上にちぎった和紙を水に浸し糊付けし、ボディはフォルモで造形した上から布テープでテーピングします。
衣類は和の折り紙で造形しながら両面テープで人形の上から形を整えつつ貼付けるスタイルです。
making005
ちょんまげ、耳や鼻は化粧用パフを眉毛はさみなどで形を整えボンドで接着。
making001
making002
making003
making004
making006
making007
さっそく鬼が酒盛りをはじめています!
IMG_4452
making008
img_0989
making009
構造体の制作はまずはここまで。
IMG_4457
絵コンテ作業
img_0992
各人形用にカッターなどで削り出ししたスタイロフォームの頭部に水に濡らした和紙を木工用ボンドを筆で塗りながら貼付けていきます。
スタイロフォームを使うのはカッター等で加工しやすいことと軽く仕上げるためです。
IMG_4456
img_0991
衣装を和紙折り紙で制作中です。
img_0994
いっすんぼうしは旅立ちの準備ができたようです。
工学院 父の授業_1673
鬼の大将もやる気満々です。
syuugou002
他のメンバーもそろってきました。
関節可動のパペットたちがそろってきていよいよ撮影かと思うとわくわくしてきますね。
syuugou001
オールキャストです。
一寸法師だけでも3体いますよ。
making010
セットを組みっぱなしにしておけない教室での撮影です。
毎回撮影セットを解体しなくてはなりませんので撮影にも工夫が要ります。
マルチプレーン撮影台でのコマ撮りとともに必然的にグリーンバックによる合成が多用されることになります。
housi01
housi02 housi03
syake_kao
いっすんぼうしに襲いかかる鮭の切り絵パーツです。
housi08
housi07
housi06
マルチプレーン撮影台でコマ撮りした映像をスクリーンにも写し、動きのタイミングなどを確認しながら連係プレイで撮影していきます。
housi04
img_0342
img_0298
housi05
IMG_0862
こちらはグリーンバックでパペットをコマ撮り中の様子です。


鬼の大将の合成前のコマ撮りムービー

サムライの動作と合成テスト
 
↓ ここからは仕上がったムービーからキャプチャーした画像です。
cap001
cap002
cap006
cap003
cap005
cap004
cap007
cap008
cap010
cap009
cap011
cap012
cap013
cap014
cap015
cap016
cap019
cap017
cap020
cap021
cap018
cap022
cap023
cap024
cap025
cap027
cap028
cap029
cap030
isunjump
 
cap032
cap033
cap034
 
コンポジット作業にはアニメラボの3年生にも協力してもらい、なんとか文化祭での上映にこぎつけることもできました…とさ。
めでたしめでたし。
 
 
 
 
 
 
 

「風神 雷神」Making

アニメラボ3年生の実験アニメーション授業で切り絵アニメーションを制作しました。
テーマは風神雷神図屏風からイメージして作業していきました。
fr010
切り絵用のパーツ
fr014
ミニマルチプレーン撮影台に切り絵パーツを配置
fr015
fr016fr017
大小のマルチプレーンを組み合わせて風神雷神が屏風から飛び出すシーンを撮影
fr001 fr002 fr003 fr004


ムービーでは風の表現をサンドアニメで試みています。
合成用にグリーンバックで撮影しています。
全員が作業を見ることができるようにプロジェクターで投影しながらのコマ撮りです。
 
fr006
fr007
fr008 fr009
雲の層で奥行き感を出すコマ撮りを試みています。
fr013
関節の動く人形に切り絵パーツを貼付けてパペット状の風神雷神人形をつくりコマ撮りを試みました。
fr011 fr012
fr018 fr019 fr020
fr023
fr021
ラップを風の表現に使えないか試行錯誤しながらの撮影です。
そんな実験からおもしろい表現の発見につながることがあります。
fr022
ワクワクとコマ撮りの実験は続きます!

フリップブック メイキング

12688169_809625125810798_5024528660075159063_n
マルチプレーン撮影台でセッティングです。
12742609_809625159144128_3124536040874513179_n
サンドアニメーションをコマ撮りをします。
cafe
プリントします。
12745457_809625172477460_8819310335871662887_n
カットして順番通り束ねます。
12795336_809625189144125_5262797852255191785_n
万力で挟み込みます。
11694927_809625199144124_5653726181034581945_n
ドリルで穴あけ!
12745682_809625219144122_3759506302448621726_nあとは革用の縫い針と糸で仕上げます。
12321572_809625252477452_626554743818266908_n
フリップブックの完成!