『Patchy!』Making

patti001
実験アニメーション制作ワークショップを担当したアニメラボ前期授業の成果です。
人形をコマ撮りしパペットアニメーションを制作しました。
アナログ技法とマルチプレーン撮影台を駆使して制作しています。
「Patchy!」は学内のコンペ・アワードで入賞が確定したようです。
学生たちはよく頑張りました!
本日から始まる紅華祭ですが、10月12日(月)図書館棟向かい食堂のある建物の2階スチューデントスクエアで14:30より受賞式があります。
スチューデントスクエアでは受賞作品を常設し、上映とパペット人形の展示もされます。
卒業生の皆さん、ぜひスチューデントスクエアも覗いてあげてくださいね。
kumonoue
 
ここからはメイキングです。
7月初旬に学内コンペ「ぱっちぃ」コンテンツアワードへのチャレンジをせよ!との通達がありました。
実験アニメの授業にふさわしく、パペットアニメーションでのエントリーを決めました。
さっそくパペットのサンプルを制作することにしました。
材料はだいたい100円ショップでそろうものを使用します。
スポンジ製の野球ボールを材料にしてます。
kouzou01 kouzou02 kouzou03 kouzou04 kouzou05 kouzou06
背中の突起がポイントです。
kouzou07
このように中空に固定するために便利です。
kouzou08 kouzou09
化粧用パフの足を眉毛ばさみでカタチを整えます。
kouzou10
 
色を塗る前に下地としてジェッソを塗ります。
kouzou11
アクリルガッシュで着色して完成です。
顔は表情を付けられるように粘土にしてます。
もう一体大きめのものも制作することにしました。
野球ボールより少し大きめのヒヨコの顔のボールを見つけました。
kutai01 kutai02 kutai03 kutai04 kutai05 kutai06 kutai07
可動部はアルミの針金でつくります。
pa01
着色して2体目も完成です。
金の折り紙で作った王冠を乗せて撮影の準備が整いました。
papet01 papet02
顔は置き換え式にしてみました。
kao01
アイデア出しの段階ではこれくらいのバリエーションで豊かな表情も想定してました。
 
nendo01
撮影用の粘土もいろいろ準備しました。
image01
絵コンテなど。
ストーリーのアイデアスケッチはこんな感じです。
koma01
グリーンバック撮影です。
iPadのアプリで動きの基本を確認しながら撮影していきます。
koma02 koma03
空を飛ぶシーンです。画面は横になるようにカメラのスマフォを立てて撮影しています。
koma04 koma05 koma06 koma07 koma08 koma09 koma10 koma11 koma12 koma13 koma14 koma15 koma16
この日の撮影ははココまで。
 
夏休み明けに撮影する教室を変えてコマ撮りの再スタートです。
動きの撮影になれてきたところで早速ショートストーリーの要のシーンの撮影に入ります。
komadori001 komadori002 komadori003 komadori004
王冠をとるシーン。
komadori005 komadori006 komadori007 komadori008 komadori009 komadori010 komadori011
コマ撮りって楽しいね!
 


 

メイキングムービーです。

 
マルチプレーン撮影台を使った半立体パーツの撮影メイキングです。
malti01 malti02 malti03
色を塗ってないと雪だるまのようです。
malti04
last01 last02
 
あとは編集作業です。
hensyu hensyu02
アフターエフェクトでの編集作業を終えて、なんとか完成できました!
 

↑ こちらは完成前の仮組み編集で約40秒のパイロット版です。
 
 
実際に完成したムービーは2分41秒の作品となっています。
patchy001
 
junp
kumohasiri
oukan
jyouro
mizuyari
hotobasiri
me
kurukuru
par
syuuru
kaminari
mizutama
tanepanchi
odori
seityou
seityou2
seityou3
taibokuhe
rakka
tane
taiboku
kumo
endingroll
音楽は山崎和人氏の曲を使用させていただいています。
ありがとうございました。
 

切り絵アニメーション実習

 
実験アニメーションの実習用に新たにカスタマイズしたマルチプレーン撮影台を制作しました。
Mraf
設計図的なラフ画です。
150605s1
マルチプレーン撮影台の完成品です。
PLフィルターの使用などで乱反射や映り込みの問題もほぼクリアしました。
照明は全てLEDなので昔のように火傷の心配もありません。
左右のトレペを外すことができてすっきりさせることができました。
前後左右どこからでも3段の棚板に5〜6人が同時に手を出せて一緒に作業できます。
アルミのLアングルとシャコマンを駆使すればアクリル板の棚板も増やせる仕様です。
こちらの撮影台のメインの棚板3枚はガラスを使用してますが、30年前に作品制作用に自作したマルチプレーン撮影台の棚板はアクリル板にしていました。
長時間撮影しているとライトの熱でアクリル板が変形してくるので、冷やすための扇風機を用意したりで大変な電気代がかかった記憶が甦ります。
LED照明のおかげで明るいのに電気代も削減できますし、熱も発生しないので助かります。
150605s3
完全なDIYでHDの画角にも対応するよう作ってみました。
150605s4
一番下の段は透過光が使えますので、サンドアニメやおはじきやビーズなどの透明素材をつかうマルチプレーン撮影にも対応できます。
giga1
切り絵アニメーション用キャラクターのパーツを切り抜いて撮影します。
150605s5
今回はキャラクターのコマ撮りと背景のサンドアニメーションは別撮りでグリーンバックによる合成のテストもしてみました。
150605s6
いろいろ楽しい実験ができそうです。
150605s7
というわけで…「鳥獣戯画」にトライしています。
切り絵アニメーションには最適な題材かなと感じています。
 


 
 

サンド・アニメーション実習

 
プロジェクターにカメラの画像を映しながらの作業は盛上がります。
皆で楽しく作業しています。
 
sand01
簡易マルチプレーン撮影台も活躍してくれてます。
sand02
sand03
sand04
もくもくとキネティック・サンドと戯れています。
sand05
シャッターボタン押し係です。
sand06
焚き火を囲むような雰囲気の中でのコマ撮り作業です。
sand07
簡易マルチプレーンですがサンドアニメも2段マルチ画面でコマ撮りできます。
sand10
皆でアイデアを出し合いながら楽しく作業しています。
sand09
一番楽しんでるのは自分かもしれませんね。
 


 
※ムービーの内容説明です。
・僕をモデルにぐるりと回りから描いてもらったクロッキー画をコマ撮りしたストップモーション・クロッキームービー。
・この記事で作業した「マル・サンカク・シカク」をテーマにしたサンドアニメが続きます。
・最期が「弱肉強食」をテーマにした透明素材のアニメとなっています。
 

プレ授業

 
プレ授業のデモンストレーションのために撮影台をセッティングしました。
20150415bunka02
乱反射や映り込みの問題もあり、まだまだカスタマイズが必要です。
今後の課題です。
 
dog&boy02

北風&SHINE


tabibito01
計3回の特別授業で実習制作した実験アニメーション作品です。
自作マルチプレーン撮影台&LEDライトボードにキネティックサンドを素材に制作しています。
キネティックサンドの不思議な感触を楽しんでもらいました。
キネティックサンドはアニメ作業にも感覚的に扱えるので、グループ作業を行なう上でもシンプルで効果的な素材といえます。
3つのチームに分かれて同じ素材、同じテーマに挑戦してもらう中で互いの表現がスパークし、良い化学反応もあり、表現の幅が広がるような発見もありました。
shine03
shine06
shine04
shine02
lab141208
 
今回は約20人といつもより多めの人数での実験アニメーションの実習となりました。
学生のリアクションにはよい手応えを感じられて安心しました。
イソップ物語からおなじみの「北風と太陽」を選びテーマとしましたが、解釈や表現ものびのびとした自由な制作が実現し、いっしょに楽しく作業することができました。
ムービーは3つのグループでアニメーションを制作した25のシーンを編集し、1本の作品に統合してあります。
 

立体アニメのコマ撮り進行中



体験講座のカタチでクリエイティブラボの受講生と毎回素材を変えた実験アニメーション制作にトライしています。
どんな画面にするのかアイデアを出し合うディスカッションからはじめ、実習時間内でどこまで表現できるのか、毎回わくわくしながらチャレンジしています。
立体アニメに挑戦4回目です。
今回も立体キャラクターを合成用にグリーンバックの前でコマ撮りし、アニメーション撮影を行ないました。
いよいよ撮影も大詰めとなってきました。
satuei001
 
satuei002
操り人形のようにテグスでつり下げながらのコマ撮り撮影となります。
satuei003
iPadで撮影するのですが、画像を転送して画角を確認しながら手に持ったiPhoneでリモート撮影しています。
アプリの連携で可能になる撮影方法です。
satuei004
 
gousei001
実際に背景と合成しています。
gousei002
↑この砂煙りもグリーンバックでコマ撮りした砂アニメによるエフェクトを合成しています。
どうやってコマ撮りしてるのかバレバレの楽しい撮影現場です。
この後の切り出し画像のマスク作業が大変そう。。。
合成作業でどんな映像に変化するのかとても楽しみです。
完成まであとしばらく!です。

立体アニメーション撮影中

 
体験講座のカタチでクリエイティブラボの受講生と毎回素材を変えた実験アニメーション制作にトライしています。
どんな画面にするのかアイデアを出し合うディスカッションからはじめ、実習時間内でどこまで表現できるのか、毎回わくわくしながらチャレンジしています。
立体アニメに挑戦3回目です。
今回はコマ撮りするヒトガタ・キャラクターをクロマキー合成用にグリーンバックの前で実際にアニメーション撮影を行ないました。
 
fugaku0908a01
fugaku0908a02
fugaku0908a03
fugaku0908a04
fugaku0908a05
fugaku0908a06
fugaku0908a07
 
撮影続行中です。
次回はどこまで進めますか!