「いっすんぼうし」Making

2年生のクラス16名の編成で実験アニメ授業を受け持つことになり、パペットアニメ制作に挑戦することになりました。

前期約3ヶ月間、週1回3コマ授業での進行です。

どのように制作を進めるのか、指導する自分にとっても毎回のワークショップがチャレンジの連続です。

今回は16名全員で「いっすんぼうし」を共同で制作することに決定しました。

参加する学生全員が自分の担当するキャラクターをデザインし人形を制作してコマ撮りも担当する。
そういうスタイルで行くことに決めました。

 

kouzou002

統一の人形構造体を作ることにしました。

IMG_4436

IMG_4437

IMG_4439

kouzou001

実験で見本を制作。
アルミの針金を構造体にフォルモ(石塑ねんど)とスタイロフォームを使用しています。

 

issun002

issunn01

顔はスタイロフォームを削った上にちぎった和紙を水に浸し糊付けし、ボディはフォルモで造形した上から布テープでテーピングします。
衣類は和の折り紙で造形しながら両面テープで人形の上から形を整えつつ貼付けるスタイルです。

making005

ちょんまげ、耳や鼻は化粧用パフを眉毛はさみなどで形を整えボンドで接着。

making001

making002

making003

making004

making006

making007

さっそく鬼が酒盛りをはじめています!

IMG_4452

making008

img_0989

making009

構造体の制作はまずはここまで。

IMG_4457

絵コンテ作業

img_0992

各人形用にカッターなどで削り出ししたスタイロフォームの頭部に水に濡らした和紙を木工用ボンドを筆で塗りながら貼付けていきます。
スタイロフォームを使うのはカッター等で加工しやすいことと軽く仕上げるためです。

IMG_4456

img_0991

衣装を和紙折り紙で制作中です。

img_0994

いっすんぼうしは旅立ちの準備ができたようです。

工学院 父の授業_1673

鬼の大将もやる気満々です。

syuugou002

他のメンバーもそろってきました。
関節可動のパペットたちがそろってきていよいよ撮影かと思うとわくわくしてきますね。

syuugou001

オールキャストです。

一寸法師だけでも3体いますよ。

making010

セットを組みっぱなしにしておけない教室での撮影です。
毎回撮影セットを解体しなくてはなりませんので撮影にも工夫が要ります。
マルチプレーン撮影台でのコマ撮りとともに必然的にグリーンバックによる合成が多用されることになります。

housi01

housi02 housi03

syake_kao

いっすんぼうしに襲いかかる鮭の切り絵パーツです。

housi08

housi07

housi06

マルチプレーン撮影台でコマ撮りした映像をスクリーンにも写し、動きのタイミングなどを確認しながら連係プレイで撮影していきます。

housi04

img_0342

img_0298

housi05

IMG_0862

こちらはグリーンバックでパペットをコマ撮り中の様子です。

鬼の大将の合成前のコマ撮りムービー

サムライの動作と合成テスト

 

↓ ここからは仕上がったムービーからキャプチャーした画像です。

cap001

cap002

cap006

cap003

cap005

cap004

cap007

cap008

cap010

cap009

cap011

cap012

cap013

cap014

cap015

cap016

cap019

cap017

cap020

cap021

cap018

cap022

cap023

cap024

cap025

cap027

cap028

cap029

cap030

isunjump

 

cap032

cap033

cap034

 

コンポジット作業にはアニメラボの3年生にも協力してもらい、なんとか文化祭での上映にこぎつけることもできました…とさ。

めでたしめでたし。