クロマキー合成テスト2

体験講座のカタチでクリエイティブラボの受講生と毎回素材を変えた実験アニメーション制作にトライしています。

どんな画面にするのかアイデアを出し合うディスカッションからはじめ、実習時間内でどこまで表現できるのか、毎回わくわくしながらチャレンジしています。

立体アニメに挑戦2回目です。

今回はコマ撮りするヒトガタ・キャラクターの追加制作と着色作業をし、クロマキー合成用にグリーンバックでのテスト撮影も再度行なってみました。

 

ヒトガタの制作作業風景

IMG_4727

 

IMG_4732

塗料は針金にもよく塗れる水性のエナメル塗料です。

IMG_4730

 

IMG_4729

こちらは黒に着色されたアルミ針金で作業しています。

IMG_4733

前回撮影したものに着色をしたキャラクターと新しく制作したキャラクターです。

 

クロマキー合成での画像の抜け具合はこんな感じ。

sc002

これはモニターにグリーンを写し、緑に発光した画面の前でヒトガタをコマ撮りしています。
ステキに合成されてます。

 

sc001

こちらはグリーンの布の前で撮影したものを合成しています。
なかなかイイ感じです。

バックのグリーン色を鏡のように反映してしまうアルミ針金の地色より、着色したほうが抜けが良いようです。

キャラクターにしっかり光の陰影を作れるような強めのライティングも重要な要素だなと気付かされた実験結果でした。

 

クロマキー合成のテストはUPしましたムービーの通り、照明などの撮影条件によって上手くいく場合とそうでもない場合が ありました。

もう少し研究して本番は少しでもよい環境で撮影してみたいと思います。

 

次回に続く!