カテゴリー別アーカイブ: Animation

切り絵アニメーション実習

 

実験アニメーションの実習用に新たにカスタマイズしたマルチプレーン撮影台を制作しました。

Mraf

設計図的なラフ画です。

150605s1

マルチプレーン撮影台の完成品です。
PLフィルターの使用などで乱反射や映り込みの問題もほぼクリアしました。
照明は全てLEDなので昔のように火傷の心配もありません。

左右のトレペを外すことができてすっきりさせることができました。
前後左右どこからでも3段の棚板に5〜6人が同時に手を出せて一緒に作業できます。
アルミのLアングルとシャコマンを駆使すればアクリル板の棚板も増やせる仕様です。

こちらの撮影台のメインの棚板3枚はガラスを使用してますが、30年前に作品制作用に自作したマルチプレーン撮影台の棚板はアクリル板にしていました。

長時間撮影しているとライトの熱でアクリル板が変形してくるので、冷やすための扇風機を用意したりで大変な電気代がかかった記憶が甦ります。

LED照明のおかげで明るいのに電気代も削減できますし、熱も発生しないので助かります。

150605s3

完全なDIYでHDの画角にも対応するよう作ってみました。

150605s4

一番下の段は透過光が使えますので、サンドアニメやおはじきやビーズなどの透明素材をつかうマルチプレーン撮影にも対応できます。

giga1

切り絵アニメーション用キャラクターのパーツを切り抜いて撮影します。

150605s5

今回はキャラクターのコマ撮りと背景のサンドアニメーションは別撮りでグリーンバックによる合成のテストもしてみました。

150605s6

いろいろ楽しい実験ができそうです。

150605s7

というわけで…「鳥獣戯画」にトライしています。
切り絵アニメーションには最適な題材かなと感じています。

 

 

 


サンド・アニメーション実習

 

プロジェクターにカメラの画像を映しながらの作業は盛上がります。
皆で楽しく作業しています。

 

sand01

簡易マルチプレーン撮影台も活躍してくれてます。

sand02

sand03

sand04

もくもくとキネティック・サンドと戯れています。

sand05

シャッターボタン押し係です。

sand06

焚き火を囲むような雰囲気の中でのコマ撮り作業です。

sand07

簡易マルチプレーンですがサンドアニメも2段マルチ画面でコマ撮りできます。

sand10

皆でアイデアを出し合いながら楽しく作業しています。

sand09

一番楽しんでるのは自分かもしれませんね。

 

 

※ムービーの内容説明です。

・僕をモデルにぐるりと回りから描いてもらったクロッキー画をコマ撮りしたストップモーション・クロッキームービー。

・この記事で作業した「マル・サンカク・シカク」をテーマにしたサンドアニメが続きます。

・最期が「弱肉強食」をテーマにした透明素材のアニメとなっています。

 


プレ授業

 

プレ授業のデモンストレーションのために撮影台をセッティングしました。

20150415bunka02

乱反射や映り込みの問題もあり、まだまだカスタマイズが必要です。
今後の課題です。

 

dog&boy02


北風&SHINE

tabibito01

計3回の特別授業で実習制作した実験アニメーション作品です。
自作マルチプレーン撮影台&LEDライトボードにキネティックサンドを素材に制作しています。

キネティックサンドの不思議な感触を楽しんでもらいました。

キネティックサンドはアニメ作業にも感覚的に扱えるので、グループ作業を行なう上でもシンプルで効果的な素材といえます。

3つのチームに分かれて同じ素材、同じテーマに挑戦してもらう中で互いの表現がスパークし、良い化学反応もあり、表現の幅が広がるような発見もありました。

shine03

shine06

shine04

shine02

lab141208

 

今回は約20人といつもより多めの人数での実験アニメーションの実習となりました。
学生のリアクションにはよい手応えを感じられて安心しました。

イソップ物語からおなじみの「北風と太陽」を選びテーマとしましたが、解釈や表現ものびのびとした自由な制作が実現し、いっしょに楽しく作業することができました。

ムービーは3つのグループでアニメーションを制作した25のシーンを編集し、1本の作品に統合してあります。

 


特別授業

 

141129labクリエイティブラボの計3回で終える特別授業、1回目終了時の撮影台廻りの様子。

約20人といつもより多めの人数での実験アニメーションの実習でした。
はじめての試みも多く、多少の不安もありましたが学生のリアクションにはよい手応えを感じられて一安心。