カテゴリー別アーカイブ: Animation

あらたに躯体制作中

 

 

konte01

ショートアニメーション用のコンテから

 

timeline_20170624_233323

ショートアニメーション用の関節が可動する躯体を制作しています。

TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc0511498314817080521531tffffffff

太さの違う針金を材料として使用しています。

kutai02

可動しない部位に石塑粘土を付けて造形していきます。

TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc0511498314817080521535tffffffff

サイズもほぼ設計図通りに作っていきます。

TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc0511498314817080521537tffffffff

TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc0511498314817080521536tffffffff

サブキャラの猫の躯体も同時進行で制作していきます。

TPC_ce558d2a492844a5a39cc906225bbc05114983148170805215310tffffffff

主人公の頭部の造形もスタイロフォームをベースに石塑粘土で造形しました。

neko04

kutai04

粘土が乾いたら造形もつぎの段階に入ります。

 


☆グループえびせん大乱戦2017☆上映イベントに参加します。

お知らせ

3月に開催される上映イベントに参加します。

ebisen20170306

ebisen2017

☆グループえびせん大乱戦2017☆

★2017年3月18日(土)

開場:14:00/開演:15:00

★杉並公会堂小ホール(B2F)

www.suginamikoukaidou.com/

★予定プログラム

・発掘!「片山雅博巨匠 新作発表ドキュメンタリー(1980年作)」 他

・愛弟子トーク:片山教授の教え子の皆さんに当時を聞く!

・新作「ご存知えびせんのしりとりアニメ2017超豪華拡大版」他

・トークイベント「80年代自主上映を振り返る(仮)」

 構成・司会:森下豊美氏

 (京都精華大学大学院博士後期課程/名古屋学芸大学非常勤講師)

 登壇者:IKIF 浅野優子 飯面雅子 いわつき育子 森まさあきの各氏

 他、ビックリドッキリゲスト???当時の作品上映も!

★入場料無料(カンパ歓迎)

★入場整理券は、当日受付にて13:00より配布します。


『小アニメーション感激祭』に参加します

sanozemi

201725日(日)札幌で開催される『小アニメーション感激祭』に参加します。

ワークショップで学生といっしょに制作した実験アニメーションを上映していただけることとなりました。

詳しくはリンク先の情報を参照くださいませ。

よろしくお願いいたします。

www.facebook.com/daikangeki.japan/photos/?tab=album&album_id=1369445593100035

 

以下メイキングをサイトにUPしてみました。

『 Patchy ! 』メイキングはこちら↓

ppalab.com/20151011pachyi/

『 風神・雷神 』は風神雷神図屏風絵からインスパイアされたイメージで制作した切り絵アニメーションです。

メイキングはこちら ↓

ppalab.com/fuujinraijinmaiking/

『 いっすんぼうし 』は参加学生全員がパペット(コマ撮り用人形)をデザインし、各自が制作した人形をコマ撮りするスタイルで制作しています。
毎回がチャレンジなのですが、授業として成り立たせる大変さを感じました。
皆の協力で無事に完成させられてホッとしています。

メイキングはこちら ↓

ppalab.com/issunmaiking/

『 富嶽 Fugaku 』は足掛け2年、学生たちも世代交代しながら完成させた作品です。

メイキングです。↓

ppalab.com/fugakumaiking/

ppalab.com/140908fugaku/

ppalab.com/curo140728/

ppalab.com/div140714/

 

 


「富嶽」Making

2年越しで学生も世代交替しながら『富嶽』を完成させることができました。

追加撮影と編集の様子です。

img_3284

絵コンテのようなもの

img_3261

黒板にも作業イメージを板写して互いの作業が響き合うよう共通のコンセンサスを図ります。

img_3265

img_3266

img_3267

img_3276

とりの羽ばたきのアニメートの覚え描き

 

img_3268

img_3269

img_3270

img_3271

鳥の羽ばたきシーンのコマ撮りの様子

img_3280

img_3672

IMG_3675

img_3283

鳥の撮影が終わりおつかれさまのポーズです!

 

img_3359

コンポジット作業中

 

最終のカットも取り終えあとは編集作業を残すのみ!

 


「いっすんぼうし」Making

2年生のクラス16名の編成で実験アニメ授業を受け持つことになり、パペットアニメ制作に挑戦することになりました。

前期約3ヶ月間、週1回3コマ授業での進行です。

どのように制作を進めるのか、指導する自分にとっても毎回のワークショップがチャレンジの連続です。

今回は16名全員で「いっすんぼうし」を共同で制作することに決定しました。

参加する学生全員が自分の担当するキャラクターをデザインし人形を制作してコマ撮りも担当する。
そういうスタイルで行くことに決めました。

 

kouzou002

統一の人形構造体を作ることにしました。

IMG_4436

IMG_4437

IMG_4439

kouzou001

実験で見本を制作。
アルミの針金を構造体にフォルモ(石塑ねんど)とスタイロフォームを使用しています。

 

issun002

issunn01

顔はスタイロフォームを削った上にちぎった和紙を水に浸し糊付けし、ボディはフォルモで造形した上から布テープでテーピングします。
衣類は和の折り紙で造形しながら両面テープで人形の上から形を整えつつ貼付けるスタイルです。

making005

ちょんまげ、耳や鼻は化粧用パフを眉毛はさみなどで形を整えボンドで接着。

making001

making002

making003

making004

making006

making007

さっそく鬼が酒盛りをはじめています!

IMG_4452

making008

img_0989

making009

構造体の制作はまずはここまで。

IMG_4457

絵コンテ作業

img_0992

各人形用にカッターなどで削り出ししたスタイロフォームの頭部に水に濡らした和紙を木工用ボンドを筆で塗りながら貼付けていきます。
スタイロフォームを使うのはカッター等で加工しやすいことと軽く仕上げるためです。

IMG_4456

img_0991

衣装を和紙折り紙で制作中です。

img_0994

いっすんぼうしは旅立ちの準備ができたようです。

工学院 父の授業_1673

鬼の大将もやる気満々です。

syuugou002

他のメンバーもそろってきました。
関節可動のパペットたちがそろってきていよいよ撮影かと思うとわくわくしてきますね。

syuugou001

オールキャストです。

一寸法師だけでも3体いますよ。

making010

セットを組みっぱなしにしておけない教室での撮影です。
毎回撮影セットを解体しなくてはなりませんので撮影にも工夫が要ります。
マルチプレーン撮影台でのコマ撮りとともに必然的にグリーンバックによる合成が多用されることになります。

housi01

housi02 housi03

syake_kao

いっすんぼうしに襲いかかる鮭の切り絵パーツです。

housi08

housi07

housi06

マルチプレーン撮影台でコマ撮りした映像をスクリーンにも写し、動きのタイミングなどを確認しながら連係プレイで撮影していきます。

housi04

img_0342

img_0298

housi05

IMG_0862

こちらはグリーンバックでパペットをコマ撮り中の様子です。

鬼の大将の合成前のコマ撮りムービー

サムライの動作と合成テスト

 

↓ ここからは仕上がったムービーからキャプチャーした画像です。

cap001

cap002

cap006

cap003

cap005

cap004

cap007

cap008

cap010

cap009

cap011

cap012

cap013

cap014

cap015

cap016

cap019

cap017

cap020

cap021

cap018

cap022

cap023

cap024

cap025

cap027

cap028

cap029

cap030

isunjump

 

cap032

cap033

cap034

 

コンポジット作業にはアニメラボの3年生にも協力してもらい、なんとか文化祭での上映にこぎつけることもできました…とさ。

めでたしめでたし。