作成者別アーカイブ: shinryu sano

shinryu sano について

test

ひさびさの稽古

 

少し前から日曜に稽古する小学校とは別の小学校の体育館で水曜日の夕方からも稽古が行われています。
こちらでの合同稽古は初参加でした。

Y先生も九州からお帰りになり3週間ぶりくらいでお会いできました。
兄弟弟子の皆さんとも久しぶりに顔合わせできました。
新人さんも2名参加されて兄弟子のIさんが刀礼などの基本の指導に当たっておられました。
東北土産の南部せんべいも皆さんにお渡しすることができホッする。

夕方からの稽古とはいえ、まだまだ暑く、滝のように汗をかきました。
久しぶりの稽古なのであとの筋肉痛が心配です。

しかし稽古ができるのは気持ちも引き締まるようで本当によかった。

 

 

 

 


夏用の居合道着

 

「居合道 虎の巻 其の参」に掲載されていたキュービックセンサー居合道衣・袴セットをネットで購入し、夏用の稽古着として着用しています。
生地は薄めになっていて、吸汗・速乾性のある生地なのだそうです。
なかなかの着心地です。
着座時にふわりと袴が広がりすぎる感じはありますが、この夏の稽古はこの居合道着で乗り切りたいです。

 

 


一つ所で懸命に

Y先生は先日の女子居合大会で久々に演武されたそうだ。
『私が一番やりたいことはコレなんだなあとあらためて自覚したのよ』そうおっしゃっていた。

素敵だなと感じ入る。

自分はどうなのだろう。
ふと自問してしまう。

これまでも自分が一番やりたがってる、もしくはやると言い張ってきたことは今でも一貫して変わっていない。

でも、着手もできないでいるうちに興味の対象が変わり続け、いったいなにがしたかったのかもピントがぼやけているのが現状かもしれない。

仕事はやりがいも感じているが、クオリティ的には自分ならではの作業をしっかり遂行できているのか常に自問する日々。

中心とすべき軸はふらふらゆれていて、本来の力が発揮できないでいるという設定の幻想の中でどうやら自分は生きている。
家族にもその幻想をつきあわせているのではないか。

おちいりがちな過ち、偶然でも自分の資質により乗り切れた幸運などを洗い出してから今後の展望を考えてみる。

辿り着いたこの場所でまずは懸命に生きてみる。
不平不満を並べたてることで心をすり減らすことなく、現状で最善を尽くすことを常に実行する。

自分の小さな了見でピントをぼかしてしまうのでなく、今をしっかり生きることで自分を切り開いていく。

自分の中の放置してた荒れ地を開拓していく。
そしてベストな種をまいてベストな花を咲かす努力を怠らない。

与えられている環境の中でベストを尽くすということ。
毎度のことで当たり前なのだが、自問も結局そこにたどり着く。

 

 


一つ所で懸命に

Y先生は先日の女子居合大会で久々に演武されたそうだ。
『私が一番やりたいことはコレなんだなあとあらためて自覚したのよ』そうおっしゃっていた。

素敵だなと感じ入る。

自分はどうなのだろう。
ふと自問してしまう。

これまでも自分が一番やりたがってる、もしくはやると言い張ってきたことは今でも一貫して変わっていない。

でも、着手もできないでいるうちに興味の対象が変わり続け、いったいなにがしたかったのかもピントがぼやけているのが現状かもしれない。

仕事はやりがいも感じているが、クオリティ的には自分ならではの作業をしっかり遂行できているのか常に自問する日々。

中心とすべき軸はふらふらゆれていて、本来の力が発揮できないでいるという設定の幻想の中でどうやら自分は生きている。
家族にもその幻想をつきあわせているのではないか。

おちいりがちな過ち、偶然でも自分の資質により乗り切れた幸運などを洗い出してから今後の展望を考えてみる。

辿り着いたこの場所でまずは懸命に生きてみる。
不平不満を並べたてることで心をすり減らすことなく、現状で最善を尽くすことを常に実行する。

自分の小さな了見でピントをぼかしてしまうのでなく、今をしっかり生きることで自分を切り開いていく。

自分の中の放置してた荒れ地を開拓していく。
そしてベストな種をまいてベストな花を咲かす努力を怠らない。

与えられている環境の中でベストを尽くすということ。
毎度のことで当たり前なのだが、自問も結局そこにたどり着く。