螺旋の働き

刀の操法においては螺旋の働きを遣う。
右巻きの渦を効果的に遣うためには身体の芯を軸にして逆の左巻きの渦をぶつける。
そうすることで螺旋の働きを方向付け安定させる効果がある。

はったりや野望と自己の冷静な客観視の関係も然り。
地に足の着いた一定の方向性を与えてくれる。